• ホーム
  • 尖圭コンジローマは治療薬が効かない場合は手術が必要なこともある

尖圭コンジローマは治療薬が効かない場合は手術が必要なこともある

ヒトパピローマウイルスに感染することによって発症する尖圭コンジローマは、治療が大変な性感染症のひとつであると言えます。性感染症の種類によっては、クリームを塗布するだけで完治することができる病気や飲み薬を服用するだけで症状が改善される病気もありますが、尖圭コンジローマの場合はそれでは治療ができないこともあるのです。この病気の症状としてイボの発生を挙げることができますが、このイボは治療薬ではなくすことができない場合もあります。その場合は外科手術が必要になることも多く、大掛かりな治療になってしまうと言えるでしょう。

尖圭コンジローマは性器や肛門周辺の皮膚に特徴的なイボができるものであり、小さなカリフラワー状のものや、お椀を伏せたような乳頭状のものが見られるようになります。この部分にも原因ウイルスであるヒトパピローマウイルスが存在しているので、取り除かなければならないのですが、症状が悪化してしまったものは治療薬で治すことができない場合もあるのです。それほど症状が進行していないものであれば、ベセルナクリームと呼ばれるクリームを塗布することで徐々にイボをなくすことができます。けれども、悪化してしまったものはベセルナクリームでは治しきることができずに、手術で取り除くことが必要となってしまうのです。

外科的手術は主に3パターンの方法から選ばれ、基本的にはレーザーによる焼却、電気メスによる切除、液体窒素による凍結療法のいずれかが選択されます。いずれかの方法である程度イボを取り除き、残りはクリームの塗布によって治療を進めることになるでしょう。残念ながら手術を行ったとしてもすべてのイボを取りきることは不可能なので、完全に治すためには手術と治療薬を併用しなければならないことが多いです。仮に手術で完全にイボを取り除くことができたように見えても、皮膚内に潜伏しているウイルスが徐々にイボになる可能性もあるので、見た目で症状がわからなくなっても本当に治っているのかどうか疑うようにしてください。

尖圭コンジローマはウイルスが潜伏していて再発することが多いと言えるので、再発を防止するためにはきちんとクリームを塗布するようにしましょう。ベセルナクリームはとても効果の高い治療薬なので、性器や肛門周辺の皮膚に塗ることで症状を改善してください。ただし、稀に皮膚に赤みが生じたり痒みを感じたりするという副作用があらわれる人もいます。副作用があらわれたときは一度使用を中断したり、医師に相談したりするようにしてください。

尖圭コンジローマの治療には効果の高いベセルナクリームを用いることができますが、症状の進行度合いによってはレーザーによる焼却などの手術が必要となる可能性もあります。放置しておくと症状が悪化して治療が困難となるので、なるべく早く治療開始するように心がけましょう。早期発見からスムーズな治療開始を実現することができれば、手術が必要ない場合もあるので、早い対処が大切だと言えます。

関連記事
性病の薬はオンライン診療でも購入可能な時代になった 2020年05月27日

性感染症の治療薬は、医療機関に足を運ばなければ処方してもらうことができないと思っている人も少なくありません。実際のところは病院で処方してもらう以外にも、ドラッグストアで市販されているものを購入したり、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用したりすることも可能です。ですが、性病の治療薬のなか...

淋病を治すにはクラビットという治療薬が必要 2020年04月22日

性感染症である淋病は、基本的に性行為が感染経路となって発症します。コンドームを用いないセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどが感染経路となることが多く、淋病にならないようにするためには、コンドームの使用が必須だと言えるでしょう。しかしながら、コンドームを使用して予防していたとしても何かしらの...

梅毒に有効な治療薬はノバモックス 2020年03月13日

有名な性感染症のひとつには梅毒を挙げることができますが、昔はこの性病を治療することができず、ペニシリンが発見されるまでは不治の病として恐れられていました。しかしながら、ペニシリン系の治療薬が見つかってからは、完治させることができる病気となっています。完治することはできますが、早期発見から早期治療を行...

膣カンジダにはエンペシドクリームで治療を推奨 2019年12月22日

カンジダ症は性行為がなくても感染する病気であり、女性の場合は疲労やストレスの蓄積による免疫力の低下やホルモンバランスの乱れによって発症することが多いです。もともと女性の膣内には原因菌が常在菌として存在していることが多く、これが免疫力低下などの影響を受けて活性化されると異常増殖を引き起こします。普段は...

女性のトリコモナス膣炎にはフラジールで一発解決! 2019年12月16日

女性が感染しやすい性病のひとつにはトリコモナスがありますが、女性が発症する場合はトリコモナス膣炎として発症することが多いです。これは性行為が感染経路となるだけでなく、銭湯やプールの利用、タオルなどの共用でも感染することがあるため、性行為を行わない人にも無関係ではありません。トリコモナス膣炎を発症する...