• ホーム
  • 淋病を治すにはクラビットという治療薬が必要

淋病を治すにはクラビットという治療薬が必要

性感染症である淋病は、基本的に性行為が感染経路となって発症します。コンドームを用いないセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどが感染経路となることが多く、淋病にならないようにするためには、コンドームの使用が必須だと言えるでしょう。しかしながら、コンドームを使用して予防していたとしても何かしらの原因で感染してしまうことがないとは言い切れません。予防していたとしても感染することもあるわけですから、もし症状が起こったときにはどうするべきなのかを知っておくことが大切です。

淋病に感染した場合は、レボフロキサシンと呼ばれる成分が配合された治療薬を用いることで症状を改善することができます。レボフロキサシンは病気の原因となる細菌のDNA合成に必要な酵素を阻害することで細菌を退治するという効果をもたらすものであり、それによって淋病を完治することも可能です。この有効成分を含んでいる治療薬を用いれば、ほぼ確実に淋病の症状を改善することができると言えます。

レボフロキサシンを含む治療薬にはクラビットがあり、これによって淋病を完治することも可能です。ですが、クラビットは先発薬であるため価格が高いというデメリットがあります。クラビットの効果はとても高く、病院でも第一選択薬として処方されることが多いですが、長期にわたって治療を続ける場合は治療費が高くなって大変だと感じてしまう人もいるでしょう。そんなときには、クラビットのジェネリック医薬品を購入することがおすすめです。

クラビットにはレボクインというジェネリック医薬品が存在しています。ジェネリック医薬品は先発薬と同じ有効成分を含んでいるため、クラビットと同じような効果を期待することができるのです。値段が安い理由は先発薬と違って開発コストがかからないためですから、安いから効果が低いわけではなく安心して服用することができます。レボクインを利用すれば、クラビットよりも安い価格で治療薬を手に入れることができるので、治療費を抑えたいのであればレボクインの購入も視野に入れると良いでしょう。

クラビットやレボクインは非常に効果的な治療薬ですが、副作用もあることを覚えておかなければなりません。発疹や蕁麻疹、光線過敏症や下痢、軟便や吐き気などを引き起こすことがあるので注意が必要です。また、滅多にないとは言われていますが、アナフィラキシーショックや不整脈、腎臓や肝臓の重い症状などが起こることもあるので注意しておきましょう。どの治療薬にも副作用はつきものなので、もしかしたら身体に異変があらわれるかもしれないと思っておいてください。

淋病になったとしてもレボフロキサシンを含んでいるレボクインやクラビットを用いれば、病気を完治することが可能です。けれども、治療が遅れてしまうとスムーズに治すことができない可能性もあるので、早期発見が実現できるように心がけておきましょう。性病に感染しないように予防しておくことが最も大切ですが、もし感染してしまった場合はこれらの治療薬を用いて症状を改善しなければなりません。

関連記事
性病の薬はオンライン診療でも購入可能な時代になった 2020年05月27日

性感染症の治療薬は、医療機関に足を運ばなければ処方してもらうことができないと思っている人も少なくありません。実際のところは病院で処方してもらう以外にも、ドラッグストアで市販されているものを購入したり、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用したりすることも可能です。ですが、性病の治療薬のなか...

梅毒に有効な治療薬はノバモックス 2020年03月13日

有名な性感染症のひとつには梅毒を挙げることができますが、昔はこの性病を治療することができず、ペニシリンが発見されるまでは不治の病として恐れられていました。しかしながら、ペニシリン系の治療薬が見つかってからは、完治させることができる病気となっています。完治することはできますが、早期発見から早期治療を行...

膣カンジダにはエンペシドクリームで治療を推奨 2019年12月22日

カンジダ症は性行為がなくても感染する病気であり、女性の場合は疲労やストレスの蓄積による免疫力の低下やホルモンバランスの乱れによって発症することが多いです。もともと女性の膣内には原因菌が常在菌として存在していることが多く、これが免疫力低下などの影響を受けて活性化されると異常増殖を引き起こします。普段は...

女性のトリコモナス膣炎にはフラジールで一発解決! 2019年12月16日

女性が感染しやすい性病のひとつにはトリコモナスがありますが、女性が発症する場合はトリコモナス膣炎として発症することが多いです。これは性行為が感染経路となるだけでなく、銭湯やプールの利用、タオルなどの共用でも感染することがあるため、性行為を行わない人にも無関係ではありません。トリコモナス膣炎を発症する...

HIVに感染したら死ぬというわけではない!現代医学は進歩している! 2020年02月14日

昔はHIVウイルスに感染すると必ずエイズを発症してしまい、最終的には必ず死に至るとされていました。そのため、長いことこれらの病気は不治の病として恐れられていたのですが、現代医学は進歩しているので、HIVウイルスに感染したから死ぬということはほとんどないです。もちろん、感染しているにも関わらず治療を行...