• ホーム
  • 膣カンジダにはエンペシドクリームで治療を推奨

膣カンジダにはエンペシドクリームで治療を推奨

心配している女性

カンジダ症は性行為がなくても感染する病気であり、女性の場合は疲労やストレスの蓄積による免疫力の低下やホルモンバランスの乱れによって発症することが多いです。もともと女性の膣内には原因菌が常在菌として存在していることが多く、これが免疫力低下などの影響を受けて活性化されると異常増殖を引き起こします。普段は悪いことをしない菌ですが、異常増殖を引き起こしてしまうとおりものに異変が生じたり、陰部に痒みを引き起こしたりするのです。カンジダに悩む女性は少なくありませんので、適切な治療薬を用いて症状を改善することが大切だと言えます。

カンジダ症を治療するためには、クロトリマゾールと呼ばれる成分が効果的であり、これによって原因菌の増殖を防ぐことができます。増殖を防ぐだけではなく、菌を根絶させることができるため、治療を続けることで完治させることも不可能ではありません。クロトリマゾールが含まれる治療薬にはエンペシドと呼ばれるものがあり、これは外用薬です。エンペシドにはクリームタイプと膣錠の2種類があり、これらを利用することで症状を改善することができます。

性感染症の治療薬はドラッグストアで市販されていないことも多いですが、エンペシドはOTC化されているのです。OTC化とはドラッグストアで購入することができるようになることであり、エンペシドは国内のドラッグストアで入手することができます。多くの性感染症に関係する治療薬は、病院で処方してもらったりネットの個人輸入代行サービスを利用することで手に入れなければなりませんが、エンペシドの場合は病院に行ったりネット通販を使用したりしなくても、簡単に手に入れることができるのです。つまり、症状に気づいたらすぐに用意して治療を開始することができるという利点があります。

特にエンペシドクリームは誰でも使いやすいものなので、クリームタイプでの治療がおすすめだと言えるでしょう。カンジダ症は性行動の経験がないような人や子供でも発症することがあるので、そういった人は膣錠を利用することに抵抗があったり、上手に利用することができなかったりする可能性が高いです。クリームタイプであれば患部に塗布するだけなので、膣錠に抵抗がある人でも簡単に使うことができるのでおすすめだと言えます。また、赤みや痒みなどの副作用が起こることはありますが、クリームタイプは副作用が起こりにくいと言われているので、そういった面でも利用しやすいです。

カンジダ症は女性であれば多くの人が経験する病気ですし、一度治療が終わっても再発する可能性もあります。ホルモンバランスの乱れなどで再発を繰り返す可能性もあるので、外用薬であるエンペシドクリームを用いて、しっかりと治療を行うようにしてください。クリームであっても皮膚から浸透した成分が原因菌の増殖を抑制したり、菌自体を退治したりするため、とても効果が高いです。カンジダの症状があらわれたときには、エンペシドを使うようにしてください。

関連記事
性病の薬はオンライン診療でも購入可能な時代になった 2020年05月27日

性感染症の治療薬は、医療機関に足を運ばなければ処方してもらうことができないと思っている人も少なくありません。実際のところは病院で処方してもらう以外にも、ドラッグストアで市販されているものを購入したり、個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用したりすることも可能です。ですが、性病の治療薬のなか...

淋病を治すにはクラビットという治療薬が必要 2020年04月22日

性感染症である淋病は、基本的に性行為が感染経路となって発症します。コンドームを用いないセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどが感染経路となることが多く、淋病にならないようにするためには、コンドームの使用が必須だと言えるでしょう。しかしながら、コンドームを使用して予防していたとしても何かしらの...

梅毒に有効な治療薬はノバモックス 2020年03月13日

有名な性感染症のひとつには梅毒を挙げることができますが、昔はこの性病を治療することができず、ペニシリンが発見されるまでは不治の病として恐れられていました。しかしながら、ペニシリン系の治療薬が見つかってからは、完治させることができる病気となっています。完治することはできますが、早期発見から早期治療を行...

女性のトリコモナス膣炎にはフラジールで一発解決! 2019年12月16日

女性が感染しやすい性病のひとつにはトリコモナスがありますが、女性が発症する場合はトリコモナス膣炎として発症することが多いです。これは性行為が感染経路となるだけでなく、銭湯やプールの利用、タオルなどの共用でも感染することがあるため、性行為を行わない人にも無関係ではありません。トリコモナス膣炎を発症する...

HIVに感染したら死ぬというわけではない!現代医学は進歩している! 2020年02月14日

昔はHIVウイルスに感染すると必ずエイズを発症してしまい、最終的には必ず死に至るとされていました。そのため、長いことこれらの病気は不治の病として恐れられていたのですが、現代医学は進歩しているので、HIVウイルスに感染したから死ぬということはほとんどないです。もちろん、感染しているにも関わらず治療を行...